東京ベイ潮見プリンスホテル/東京都江東区

造船にまつわる鉄の古道具を集め、熱して叩く。
同ホテルのサブエントランスに設置した”船工の絵日記”と基本コンセプトを揃えつつ、こちらは華やかさに重きを置いた再構築を施している。
具体的過ぎず、抽象的過ぎず。
リング状に繋ぎ合わせたフォルムは、植物を編んだリースを連想するかもしれない。あるいは別世界への入口のかもしれない。想像は見る側に委ねつつ、エントランスにふさわしいフォルムとして、シンプルな輪を作った。
要素の多い周辺環境の中でも作品が際立つ事を狙い、表面には真鍮古美色の特殊塗装を施した。真鍮は古い船具に頻繁に用いられる素材でもあり、潮見の造船の歴史を連想させる仕上げである。

Shipwright’s Circle

Tokyo Bay Shiomi Prince Hotel / Koto-ku, Tokyo, Japan

I Collected old iron tools related to shipbuilding, heat it and hit it.
While equalizing the basic concept with the “shipwright’s picture diary” installed at the sub-entrance of the hotel,
I reconstructed with an emphasis on Gorgeousness.
Not too concrete, not too abstract.
The ring-shaped form may be imaged with a wreath of woven plants. Or it may be the entrance to another world. While leaving the imagination to the viewer, I made a simple ring as a form suitable for the entrance.
Aiming to make the work stand out even in the surrounding environment with many elements, the surface is specially painted in brass antique color. Brass is also a material often used for old shipbuilding, and is a finish reminiscent of the history of Shiomi’s shipbuilding.


▶︎BACK