いちはらアート×ミックス2017 / 恒久設置 / いちはらクオードの森, 千葉県市原市

素材の原点を探るべく、鉄の道具を、鉄に戻す。
その方法はいくつかある。
溶鉱炉で溶かす、粉々に削ってしまう、海に沈めて朽ち果てさせる…などなど。
しかし、いったん人の手が入った鉄の道具たちは、本来の自然の姿である鉱石に戻ることはできない。
ならば人の記憶を残したまま、化石のように自然に同化させていく事は可能だろうか?
化石には太古の記憶が眠っている。石化した動植物には、彼等が活動していた時代の情報を多く含み、
図らずもそれを未来へ伝える役割を担っているものだ。生きていた者達が周囲を生かす存在へと変わり、自然界のサイクルとして延々と続き、現代、未来へと記憶を紡いでいく。
鉄の道具たちもまた、かつては大地の一部だった。
それが人の手に渡り、様々な文化を形成していくことになる。その歴史を肯定的に受け止めて、
なおかつ原点回帰させる術を模索した結果、真っ赤に熱して叩くという作業に辿り着いた。
何も考えずに、ただただ原始的に叩く。もしくは、ひたすら叩くという単純作業の繰り返しで、
欲や思考を麻痺させていく…とも言えるかもしれない。造作でも破壊でもないニュートラルな作業だ。
ここから産まれたものは何か。ある意味、機能も構造も排除された「ただの鉄」であるが、
そこには人工物としての死と、自然物としての再生が共存している。道具の名残を残しながらも、体温や脈拍といった生命感が宿っている。これらを無数に集めて再構築し、巨大な「文明の化石」を形成する。
フィールドとなる市原市内には、北部には大規模な工業地帯、南部にはのどかな里山が広がる。
しばし両者は対比的に見られがちだが、私はその狭間にあるゼロ地点のような存在を作り、繋げたい。
本プロジェクトを充実したものにする為には、文明に関わりの深い素材が最適と考え、鉄を選んだ。
地熱の扉とは、人工物と自然物、あるいは過去と未来の境界に立つ、一枚の鉄扉である。

Geothermal Gate

ICHIHARA ART x MIX / Permenent / Ichihara, Chiba, Japan

Return iron tools to just iron and explore the origin of the material.
There are several ways to do this.
For example, Melt in a blast furnace, scrape into pieces, sink in the sea and decay, etc.
However, the artificial iron tools cannot return to the original natural form of iron ore.
If so, is it possible to naturally assimilate like fossils while leaving human memory?
Ancient memories lie in fossils. Petrified flora and fauna contain a lot of information about the times when they were active.
It plays a role in conveying it to the future. Creatures transform into beings that make the most of their surroundings, and continue for many years as a cycle of the natural world, spinning memories into the present and the future.
Iron tools were also once part of the earth.
It will fall into the hands of people and form various cultures. Taking that history positively,
Moreover, as a result of searching for a way to return to the origin, I arrived at the work of heating it to bright red and hitting it.
Don’t think about anything, just hit it primitively. Or, by repeating the simple task of just hitting
It may be said that it paralyzes greed and thoughts. It’s a neutral work that is neither a feature nor a destruction.
What was born from here? In a sense, it is “just iron” with no function or structure,
Death as an artificial object and regeneration as a natural object coexist there. While leaving the remnants of the tools, there is a sense of life such as body temperature and pulse. Innumerable collections of these are reconstructed to form a huge “fossil of civilization”.
In Ichihara City, which is a field, there is a large industrial area in the north and idyllic country in the south.
It’s easy to see the two in contrast, but I want to create and connect something like a zero point between them.
In order to enrich this project, I chose iron because I thought that the material closely related to civilization was the best. Geothermal Gate is a single iron door that stands on the boundary between artificial and natural objects, or the boundary between the past and the future.


▶︎BACK