まじわりの象形
東京ベイ潮見プリンスホテル/東京都江東区


水、舟、宿、倉、食…潮見に訪れた旅行者たちが、そこで出会う風景や体験。
これらを示す漢字を集め、そのルーツを辿る。

***

漢字もそれ自体、旅人に見立てることができる。
旅の始点は甲骨文字。
およそ3300 年前、亀の甲羅や動物の骨に刻印され、漢字の起源と言われる象形文字である。
それらが時を経て形を変え、日本へ旅立ち読みを変え、現代に至る。

この甲骨文字を本作品のモチーフとする。
史書に記された輪郭をそのまま再現するわけではない。
鉄製品を熱して叩いて再構築し、甲骨文字を「表現」する。

これにより、もうひとつの象形が産まれることになる。
一般的に鉄製品はほとんどがリサイクル品。
スクラップを溶かして再精錬され、全く別の製品に生まれ変わる。
しかし「溶かさず叩く」という製法では、以前の姿が少し残る。
実物の道具から作られた鉄文字には、そこかしこに「かつて道具であった」名残が見え、
その成り立ちやビジュアルは、あたかも象形文字のようだ。

***

古代文字としての象形と、現代の道具から産まれる象形。
関連性の無い両者がひとつの作品となった姿は、旅先で異なる文化が交わる様子とダブるかもしれない。
交わりの場とも言える宿のレセプションにおいて、
この暗号のような古代文字がコミュニケーションのきっかけとなる事を願う。



■BACK